BLOG

ブログ

塾の生徒が集まらない理由は?オンライン集客がおすすめ!

InstagramからLINE誘導のコツは?なぜ登録されないのか徹底紹介!

この記事では、塾の生徒が集まらない理由とオンライン集客がおすすめなのかについて紹介していきます。

「体験教室も開催しているけれど、塾になかなか生徒が集まらない」と悩んでいませんか?

塾に求められているのは、成績が上がったり志望校へ合格できたりと成果が出る授業や、学習ができる環境です。

もし、生徒の実績が好調で授業がの評判が良くても、まだ入塾していない人に伝わらなければ生徒数増加にはつながりません

塾に生徒が集まらない理由は、集客の取り組みが足りていないのかもしれません。

塾に生徒が集まらない理由とどんな集客をすればいいのか、ここからさらに詳しく解説していきます!

この記事でわかること
  • 塾に生徒が集まらない理由
  • 塾だからこそ効果的な集客方法
目次

塾の生徒が集まらない理由は?

塾の生徒がなかなか増えない理由は、授業の内容や生徒の成績だけではありません。

塾を探している人からすれば、いい授業や成績が上がる授業であることは大前提です。

どれだけ工夫して、いい授業ができていたとしても、それを生徒や保護者に体験してもらわなければ実感してもらうことは不可能です。

塾に生徒が集まらない理由は、塾を検討している人に対して、必要なアピールが足りていない可能性があります。

塾に生徒が集まらない理由
  • 口コミが広まっていない
  • 塾の生徒の成績が見えない
  • 集客の施策が足りていない

塾の生徒を集めるには、入ってみないとわからない部分をできるだけ表に出していく必要があります。

3つの理由から具体的になぜ生徒を集められないできないのかを解説していくので、当てはまる部分がないかみていきましょう。

口コミが広まっていない

塾の評判が良くても、口コミが広まっていない可能性があります。

わかりやすい・楽しい・面白いなど、実際に通ってみないとわからない良い評判は広める努力をしなければなりません。

一方で、悪い評判は広まりやすいため、広まりにくい良い口コミはどんどんアピールしていかなければマイナスイメージが濃くなってしまいます。

もちろん、生徒からも保護者からも良い評価をもらえるように授業を作ったり、改善の要望に答えたりと工夫しなければなりません。

すでに入塾している生徒や保護者に満足してもらい、その声を元に新しい生徒を集めるために口コミを活用しましょう。

塾選びの選択肢に入れてもらうためには、まず口コミを広める仕組みづくりが必要です。

塾の生徒の成績が見えない

「どんな塾なのか、どれくらい効果を得られるのか」というのは、お金を払って子どもを預ける立場である保護者にとって重要な情報です。

塾を選ぶ際、家からの距離や月々の費用、どんな授業かも大切ですが、やはり塾に入れたい人のほとんどが「今よりも成績を上げたい」と思っているはず。

中学受験や高校受験など、目的や目標に応じて入塾を希望する場合、どのくらいのレベルの塾なのかは、生徒の成績が指標の1つになります。

5教科の成績が上がったという情報だけでも魅力的に感じる人もいるかもしれませんが、科目別の成績やどこの学校に合格したかなどの実績が見えると塾のレベルが可視化されます。

何点アップしたのか、前年度に比べて合格率はどれくらい上がったのかなど、塾の生徒の成績をアピールしていないとイマイチ選びにくいと感じさせてしまう可能性もあるでしょう。

集客の施策が足りていない

塾に生徒が集まらない理由は、根本的に集客の施策不足かもしれません。

街の塾の横を通る際、点数アップの報告や合格学校の名前が貼り出されているのを見たことはありませんか?

成績を見えるところに掲示することも集客方法の1つですが、それだけでは塾の横に通った人にしか見つけてもらえません。

他にもチラシを配ったりポスティングしたり、駅などの広告に出す方法もあります。

しかし、それだけでは知りたい情報が少ないため、入塾を決めることができない可能性があります。

オフライン集客だけでなく、よりわかりやすく塾の情報を伝える施策が必要!

どんな集客方法があるのかは、次の章で紹介していきます。

塾こそオンライン集客

「うちの塾こんな強みがあって生徒にも好評なのにな……」というアピールポイント、存分に伝えられてますか?

今では塾の数も増え、オンライン塾など自宅での学習も広まってきました。

多くの塾から選んでもらうために、「価格」で勝負したり「個別指導」を全面に押し出してみたりするだけで生徒が集まる時代もありました。

しかし、お金を払う保護者は自分の子どもに合った塾を選びたいと考えているため、価格や指導方法が希望にあっていても、他の部分で希望とズレがあると入塾を断念してしまいます。

そんな中、競合他社との違いをアピールしたり、知ってもらいたい強みはチラシのポスティングだけではなかなか伝わりきらないのが現状です。

オフラインでは伝えきれないことをアピールするには、オンライン集客がおすすめ!

地域の学校の対策や合格率などの数字や、実際の塾の雰囲気は塾だからこそアピールできるポイントです。

これらをチラシ1枚に詰め込むのではなく、ブログやSNSで知ってもらいたいことや、保護者が求めている情報を詳しく発信していきましょう。

おすすめのオンライン集客を2つ詳しく解説していきます!

ブログで集客する

塾に生徒を集めるには、ブログでの集客がおすすめ!

ブログであれば、ターゲットに沿った記事を書くことで、効率よく集客したい人にアピールができます。

パソコンやスマホを利用して塾を探す人に向けて記事を書く場合、次のキーワードがおすすめです!

塾の「ブログ集客」でおすすめのキーワード
  • 地域名+塾
  • 学校名+塾

ブログなら、地域名や学校名などに塾を関連づけた記事を作成すると、検索上位が狙えます。

また、塾自体のアピールをする場合は、「○○塾 評判」と調べられることを想定し、生徒や保護者の口コミをまとめた記事を作るとより塾のことを知ってもらえるでしょう。

オンライン集客の中でもブログなら、チラシ1枚では伝えきれない情報を記事にすることで、塾を探している人に決定するための十分な情報を与えられます。

読んだ情報をもとに、検討段階にある人から体験入学の申し込みが来るかもしれないので、ブログ内での動線誘導が必須です。

SNSで集客する

オンライン集客はブログだけでなく、SNSも活用するとなお良いでしょう。

SNSを見た人が「もっと詳しく知りたい!」と思ってブログを読みに来てくれたり、問い合わせをしてくれたりするため、入り口を広げる方法として有効です。

SNSはブログのように情報を網羅したものよりも、塾を少し覗き見できるようなコンテンツが良いでしょう。

SNSで塾の集客をするポイント
  • 投稿内容をあらかじめ決めておく
  • 雰囲気が伝わるよう、教室の様子など塾の中を少しだけ公開する
  • 最低でも9〜10投稿は必要

10投稿できたあたりから、SNSでの広告を出してみるとより効果的な集客が可能になります。

SNSとブログとの違いは、短い動画コンテンツを使うことで雰囲気や様子などがより伝わりやすいという部分です。

社内での運用が厳しい場合、プロに依頼することで無理なく継続的にオンライン集客に取り組めます。

【まとめ】オンライン集客で塾の生徒数UP

この記事では、塾の生徒が集まらない理由と、オフライン集客について紹介しました。

集客方法を工夫するだけで、知ってもらえる機会が増え、かつ強みや魅力も存分にアピールできます!

集客さえできれば、あとは集まってくれた生徒のためにサービスをより手厚くしたり、さらに学力の向上をはかる取り組みなどで評価を上げていきましょう。

これまでブログやSNSに取り組んだことがない方は、経験者や実績のある人と協力して運営していく方法がおすすめです。

オンラインの集客は発信内容だけでなく、発信を継続していくことも大切です◎

現在はブログやSNSの運用を代行してくれる業者も多くいるため、自社内で解決が難しい場合は依頼をしてみてはいかがでしょうか?

弊社でもブログの代行サービスを行っておりますので、気になる方はぜひ公式LINEへご相談ください!

目次